ポーセラーツとは・・・

Porcelarts(ポーセラーツ)はporcelain(磁器)とart(芸術)を組み合わせた造語です。

ポーセラーツは、手軽に食器等への絵付けが楽しめる今人気の習い事です。
  

誰でも簡単に始められます♡

シール感覚で使える「転写紙」を使って、自分だけのオリジナル食器や小物をお作り頂けます。

 

絵が苦手という方も転写紙があれば、とても簡単にかわいくできますよ☆

 プレゼントにも最適です。

 

 自分で作ったカップでお茶しませんか?

 

 

ポーセラーツの手順

ポーセラーツにはたくさんの技術がありますが、一番最初は転写紙を使った作品作りがおすすめです。

簡単にかわいい世界で1つのオリジナル作品が作れます。

ポーセラーツの体験レッスンではこの転写紙を使った作品作りがお楽しみいただけます。

転写紙のカット

①お好きな転写紙を選んでカットしていきます

転写紙を水に入れる

②カットした転写紙をお水にいれます

転写紙の台紙がはがれる

③少し待つと台紙がはがれシールのようになります

マグカップに貼りつける

④お好きなところに張り付けていきます


*honey dew*ハニーデューについて・・・

私は大学卒業後ネイルスクールに通い、高校生の時から夢だったネイリストになりました。毎日ネイリストとしてサロンワークを忙しくこなしていく中で、ふと立ち止まった時に何か違和感を覚えました。

当時仕事が楽しくてプライベートを削って働いていた私はついに休みの日に何をしたらいいか分からなくなってしまいました・・・

そんな時ファッション雑誌の特集で見たポーセラーツに一目惚れ♡

初めはかわいい!やってみたい!という軽い気持ちで体験レッスンへ。自分で作る楽しさを知り、すぐにインストラクターコースへ。

やっと休みの日が待ち遠しい普通の生活に戻ることができました(^_^;)



そして20代後半になって長かった爪も少しずつ短くなり、好きなものより自分に似合うものが欲しくなりました。自分のライフスタイルが変わっていくのと同時に、このまま年を重ねてネイリストをしている自分が想像できなくなりました。

そこで自分の人生に光を射してくれたポーセラーツの世界で生きていこうと思い、今に至ります。

しかし、まだまだポーセラーツがどんなものか知らない人も多いと感じています。もっと多くの人にポーセラーツの楽しさを知ってほしい!このかわいさを共有したい!そんな想いから*honey dew*ハニーデューを立ち上げました。
 
日常生活を忘れてポーセラーツに没頭できる時間はとても贅沢なものだと思います。

次は何を作ろうか、わくわくしたり時に試行錯誤したり、ずっと続けられる趣味があること—それはもっとあなたを輝かせてくれる強みになるのではないかと私は思います。

毎日頑張っている自分にご褒美として新しい趣味を始めてみませんか?

手先が不器用でも、絵心が無くても大丈夫です!
そんなあなたが作ってもかわいい作品が作れるのがポーセラーツの良さなんです♡


ポーセラーツは白磁やガラスにシール感覚で使える転写紙や上絵の具、金彩などを使用して絵付けを楽しんで頂けます。
転写紙はたくさんあるデザインやお色をお選びください。

イニシャルを入れて世界にたった1つのオリジナル作品がお作りできます。

普段使いの食器としてはもちろん、インテリアやプレゼントにも最適です。

また、手先が器用でなくても、絵心がなくても本格的な作品が作れます。


レッスンは少人数、完全予約制となっております♡

 

 

*honey dew*のおもてなし


ハニーデューではレッスン後、ティータイムがございます。レッスンで集中した後は思った以上に疲れたり、お腹が空いたりするものです。少しでもリラックスできればと思い、お茶とスイーツをご用意しております。

事前に苦手なもの、アレルギーなどを伺っております。お気軽にお申し付けください。また甘いものが苦手な方にはパンもご用意しておりますのでご安心ください。

 

インストラクターコースで連続してレッスンを受けられる方にはサンドイッチなどもご用意しております。

 

当お教室は名古屋駅から徒歩5分という立地なのでレッスン前後にお友達とランチやディナーにお出かけされる方も多いです。そんな時はお持ち帰り頂けるスイーツもご用意しております♡

愛知県名古屋市中村区 名古屋駅から徒歩5分 名古屋 ポーセラーツ教室 *honey dew*ハニーデュー

岐阜県・三重県からもお越し頂いております。

レッスンのご予約・お問い合わせはこちら 24時間受付中

PC    メールフォーム

携帯 メールフォーム

(通常3日以内にご返信をさせていただいております。万一連絡が無い場合は不具合が起きている可能性がございます。大変申し訳ございませんが再度ご連絡いただけますようお願い申し上げます。)